2007年10月17日

イブラヒムおじさんとコーランの花たち [映画]

1960年代、パリの裏通りで暮らす少年モモは、向かいの食料品店で万引きをする癖がありました。その食料品店を営むトルコ移民の老人イブラヒムは、そのことに気づいています。意外なことに彼は、「盗みを続けるならうちの店でやってくれ」とモモに言います。

商人がそんなことを言うなんてあり得ない、と誰でも思いますが、この人ならそう言うのかもしれないと思わせるところが、イブラヒムを演じるオマー・シャリフの非凡さなのでしょう。「盗みを続けるならうちの店で」と言ったイブラヒムおじさんが、単にモモの不幸な境遇を哀れんでいるのではないとすれば、彼はなぜ、そんなことを言ったのでしょうか?

イブラヒムおじさんはまた、失恋して落ち込むモモに対して、何も悲しむことはない、君の愛は変わらないのだから、と言います。「君が与えたものは、永遠に君のものだ」。このことばを真に受けるとして、じぶんが与えたものが永遠にじぶんのものであるということは、どういうことなのでしょうか?

誰かに与えたものが、いずれ(まわりまわって)じぶんのところに返ってくるということはありそうです。でもモモがそれまでの人生で失ってきたものは、どちらかといえば掛け替えのないものばかりであって、「いずれ返ってくるよ」という慰めがモモの心に響くとは思えません。

イブラヒムおじさんはむしろ、決して返ってこないものだからこそ、それは「永遠に君のもの」なのだと言ったのでしょう。例えば、ずっと昔に他界した妻に対する彼の愛が、そうなのでしょう。

もちろん若いモモは、そのことをすぐに理解できたわけではありません。彼にとって問題は、じぶんが求めるものが与えられておらず、与えようとしたものを受け取る人がいないことだったからです。しかしモモは、イブラヒムおじさんの死に立ち会ったあと、彼が「盗みを続けるならうちの店で」と言ったわけ、そして「君が与えたものは、永遠に君のものだ」ということばの意味するところを、すべて受け入れることができたのです。

なお「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」の公式サイトによれば、原作と脚本を書いたエリック=エマニュエル・シュミットは、哲学博士を取得したのちに劇作家、小説家となった人物なのだそうです。この映画の原作は、仏教を扱った『ミラレパ』、キリスト教を題材にした『神様とお話しした12通の手紙』と共に、宗教・信仰・文化をテーマにした「目に見えないものの3部作」の形体をなしているということです。

nishi makoto

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jafore.org/cgi/mt/mt-tb.cgi/160

コメント

はじめまして!です。
エチオピアでボランティアをしたいなぁと思いながら、色んなサイトで調べもんしている内、こちらを発見してしまいました。
昨日は、映画ヘアスプレーを観てきました。
笑えて泣ける差別問題を題材とした内容で、やはり今も尚、こんなことが映画化されるということに改めて色々と考えさせられました。
と、自虐の詩もハシゴ。嫌われ松子と少しかぶる様な内容でしたが、どんな些細な事にも幸せを感じられる位の心の豊かさを教えられる作品でした。
どちらもまあまあお勧め。
良かったら是非どうぞ!

投稿者 カメレオン : 2007年11月04日 16:31

こんにちは。『ヘアスプレー』の公式サイトに行ってみました。おもしろそうな映画ですね。こんど観てみたいです。

エチオピアでボランティアというのは、青年海外協力隊?それともNGOのボランティアでしょうか。良い仕事先が見つかるといいですね。

投稿者 nishi makoto : 2007年11月05日 10:32

こんばんは!
またまたカメレ女です。
エチオピア。
特別な学歴も資格もない私が活躍できる場所ではないなぁと思いながらサクサク検索。条件を見ては、落胆しています。結構即戦力を求めているところが多くて。自分が出来ることと言えば青少年活動的なことくらい。jicaは、締め切りに間に合いそうになく(取り掛かるのが遅かった)、NGOで何かないかと・・・

『サッドヴァケーション』もうすぐ公開だぁ!
つか来るのが遅いわ。田舎の都市より。

投稿者 カメレオン : 2007年11月05日 22:19

岡本太郎は「自分が自分自身に出会う、彼女が彼女自身に出会う、お互いが自分の中に自分自身を発見する」これが運命的な出会いだといっています。「たとえ分かれていても、相手が死んでしまっても、この人こそ自分の捜し求めていた人だ、と強く感じている相手がいれば、それは運命的な出会いの対象」と。(岡本太郎の『自分の中に毒を持て』)

「相手の中から引き出す自分それが愛」
人と出会って、新しい自分を発見する、そうしたら新しい自分は、永遠に自分のもの。なのかな。モモに幸あれ。

投稿者 keita mama : 2007年11月06日 14:02

岡本太郎の奇抜で斬新な作品は好きだけど、背景を知らなかった私はいつも『何が爆発なんだ?』と思いながら作品を観ていました。そうだったんだ!ますます興味が湧きました。と言いながら、只今上司から半強制的に薦められたゲッツ板谷の『わらしべ偉人伝』を・・・こちらも違う意味で、かなり爆発いや破壊的な作品を書かれる方で、『ワルボロ』代表作かな。映画化されてます。
『イブラヒム・・・』も近々観たい作品です。公式サイトを観ただけで泣けてきました。
最近、五次元を勉強し始めたカメレオンでした。

投稿者 カメレオン : 2007年11月06日 20:36

この記事にコメントしてください



 (公開されません)


保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)