2006年11月17日

魚の目をしているクラスメイトが敵では決して無い [コメンタリー]

朝食の時間にラジオをつけると、いじめられている子どもたちに「死なないで」と呼びかける声が聞こえてきました。新聞を開くと、意地の悪い連中からとにかく逃げて、生きなさいと呼びかける文章が目に入りました。

じぶんが死なない限り、世の中はじぶんの声を聞いてくれないと思い詰めている誰かに、「死なないで」という呼びかけが、はたして届くものかどうか、考えはじめるとはなはだ不安になります。ラジオや新聞は、本質的には呼びかけるものであって、小さな声を聞くのは必ずしも得意ではないからです。

それでも今すぐ新聞やラジオにできることは、死なないでと呼びかけることくらいしかない、というのも確かなのでしょう。

ほんとうは、新聞やラジオがやりたいのはきっと、「いじめのサインを見逃し、迅速な対応を怠ってきた学校側の責任を追及する」というようなことだと思われます。しかしその「責任」を背負った校長先生が、同じように自殺に追い込まれるという事態にあっては、追及に手をこまねくのも、致し方ありません。

もちろん、児童や生徒に生きることの大切さを説く立場にある校長先生が、自ら命を絶つのは「良くない」という考え方もあります。まして死んだからといって、生徒が自殺したことに対する責任が、帳消しになるわけではありません。

ただしそのことと、自殺への責任があるから、あるいは悪い校長であったから、どんな批判や追求にも(したがってワイドショーや週刊誌でのバッシングにも)甘んじるべきだと考えることとは、まったく別の問題であるように思われます。

考えてみると、生きている限り世の中はじぶんの敵だと思うようになったとき、死にたくなるのは生徒も校長先生も、同じなのかもしれません。

だからと言って、公正な責任追及と、陰湿ないじめとを混同すべきではないと言う人もいるでしょう。それはまったくその通りなのですが、問題は、じぶん達がしているのは「公正な責任追及」なのか、それとも「陰湿ないじめ」なのか、それをしている本人達には、決して区別がつかないと言うことです。

というのも公正な責任追及というのは定義上、追求する方が正しく、追求される方が悪い場合ですが、実際にはいじめがおこなわれている場合でも(さまざまな社会調査の結果が示しているように)、いじめている人たちは、いじめられるほうに「問題がある」と解釈しているからです。

問題があると見なされる人たちに対しては、「社会全体で攻撃を加えるのが良いのだ」という考え方が支配しているところでは、じぶんが死なない限り、誰もじぶんの声を聞いてくれないと思い詰める人たちが、後を絶たないように思います。

コメント (0) | トラックバック