2004年09月23日

もの乞いの文化 [エチオピア]

アジスアベバでは物乞いの姿が目立ちます。信心深いエチオピア人のなかには、物乞いに施しをするため、わざわざポケットに小銭を用意して教会やモスクに出かけるひとも少なくありません。タクシーの運転手はダッシュボードに10セント玉を並べ、信号待ちの車に寄ってくる物乞いのため、律儀に施しをします。

市民のなかには、こうした習慣を「物乞いの文化」、アムハラ語で「イエルンマナ・バハル」だと、批判する人達もいます。物乞いにはしるエチオピアの人達はもとより、外国政府の援助を請う政府、NGOなども「物乞いの文化」に染まっているというのです。物乞いを法律で禁止せよとか、物乞いをするくらいなら死ねというくらいの気概が必要だとか、極端な意見もあります。皆が物乞いをやめて一生懸命仕事をすれば、エチオピアは豊かになるというわけです。

ところで僕の友人に、街で知りあった物乞いを自分の家に住まわせて、読み書きや調理などを教えたというひとがありました。そこまでできるひとは少ないでしょうが、エチオピアの貧困削減のために活動しているひとはたくさん居ます。いわば誰もが物乞いしなくても生きていけるような社会をつくろうとしているわけです。

物乞いを止めさせろと叫ぶことと、物乞いをしなくても生きてゆける社会をつくることは、まったく違います。「物乞いの文化」がエチオピアの貧困の元凶だという考え方は、正しくありません。例えばアジスアベバじゅうの物乞いが一斉に靴磨きを始めたら、たちどころに全員が仕事にあぶれるでしょう。

アジスアベバの失業率は50%をゆうに超えていますが、これはつまりどんなに努力しても、仕事にあぶれるひとがあるということです。世の常として、たいした努力もなしに法外な給料をもらっている人達もあるので、読み書きのできないひとが仕事で食べてゆけるまでにどれほどの努力と幸運が必要か、考え始めると恐ろしいくらいです。

アジスアベバは多額の援助資金が流入しているおかげで活気づいていますが、いまのところその恩恵を受けているのは、幸運な少数の人達に限られています。エチオピアで暮らすひとが、あたりまえに仕事をえて、安定した生活を送れるような社会をつくるのは簡単ではありません。

コメント (0) | トラックバック

2004年09月16日

極東の記憶 [エチオピア]

エチオピアでよく知られている古い歌謡曲に、日本のことを歌った歌があります。

極東で過ごした時
日本の女性を愛した
私は朝鮮の戦争に赴いたが
彼女のことを愛してしまった
甘い記憶がある
極東で過ごした時

概ねこんな詩なんですが、ここで歌われている戦争とは、1950年に始まった朝鮮戦争のことです。エチオピア政府はこの戦争で、国連軍に兵士を派遣しました。戦線に赴く直前、日本に滞在したエチオピア兵が日本の美しい女性に恋をした、というのが歌の設定です。

戦場の悲惨さに、恋の記憶を重ねあわせた話は、ちょっとまえの映画にもあったし、珍しくはありません。けだし、多くの犠牲者をだした朝鮮戦争を下敷きに、日本での甘い恋を歌うことも、エチオピアの人たちにとっては、極東の美しい記憶に他ならないのでしょう。

極東の戦争は決して、エチオピアの国民生活を脅かしたわけではありません。エチオピア政府が朝鮮半島に派兵したのは、国連軍を率いる合衆国との同盟関係を構築することが目的でした。兵士は皇帝の期待に応えて、勇敢に戦ったと伝えられています。

アジスアベバには、コリア地区(korea sefer)と呼ばれる一角があります。朝鮮戦争から帰国した兵士が、その辺りの土地を皇帝から賜って住んだので、そんな地名がついたそうです。彼らは手厚い恩給とは無縁らしく、非常に貧しい暮らしをしている家族が多いと聞きます。

もうずいぶん前に、あるNGOがコリア地区の生活環境を改善するためのプロジェクトを実施し、日本政府に支援を要請したことがあるようです。極東の戦争に出征し、忘れられた兵士とその家族のために、その戦争で復興をとげた政府の支援を届けるなんて、美談のようでもあり悪い冗談のようでもあります。

コメント (0) | トラックバック

2004年09月10日

エチオピアの民話 [エチオピア]

エチオピアの民話には、ハイエナと知恵比べをする勇敢な若者の話とか、わりと馴染みやすいのもあるのですが、なかには予想もしない落ちがつく話もあります。手もとに「タラットタラット」という題の小さい民話集があって、そこに収録されている話のひとつが、ベニシャングル地方(スーダン国境に隣接した地域)に伝わるという「食いしんぼ婆さんと大蛇」です。

この話はひとことでいえば、「食いしんぼ」というなまえの婆さんが、大蛇を食べようとして逆に追いかけられ、出会った動物たちに「おまえと結婚してあげるから助けてくれ」と頼みます。それを聞いたイボイノシシは「俺の牙で大蛇を投げ飛ばしてやる」と力みますが、大蛇を目にして「これはいけない」と逃げてしまいます。そして最後に出会ったネズミが首尾よく大蛇を退治し、婆さんはしぶしぶネズミと結婚します。

何でも食べてしまう婆さんに「結婚してやる」と言われてその気になるイボイノシシもイボイノシシですが、ネズミと結婚してしまう婆さんも婆さんです。ネズミを壁に投げつけたら王子様になったとか、そんな落ちをつけようと考えた人は、ベニシャングル地方にはいなかったようです。

しかし考えてみれば、どこかのお姫様がカエルを騙して鞠を拾わせたうえ、うるさいカエルを壁に投げつけたら王子様になって、ふたり幸せに暮らした、とかいう話のほうが信じられないのであって、約束どおりネズミと結婚するほうが、あたりまえの結末なのかもしれません。気になるのは、それから婆さんとネズミが幸せに暮らしたかどうかです。

コメント (2) | トラックバック