2010年11月5日

移転しました

ブログを移転しました。新しいエントリーは下記URLに公開しています。

その角を曲がれば雨はあがる(新)
http://kadoame.blogspot.com/

2008年07月09日

アフリカを好きになるには [コメンタリー]

「私は、アフリカが嫌いなんです。」と、その人は話し始めました。退職前は某有名企業で労務を担当していたという彼は、仕事でアフリカ諸国を訪れることもあったそうです。とりわけ彼が我慢ならなかったのは、ナイジェリアでした。

続きを読む "アフリカを好きになるには"

この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年06月09日

リトル・ミス・サンシャイン [映画]

人は見た目が9割』なのだそうです。人を見かけで判断してはいけない、とお説教しながら、見かけでしか人を判断しない人の不誠実さには、確かにうんざりさせられます。それに比べたら、見かけが9割だと言ってしまうほうが「誠実」だとすら思えます。つまり、ほんとうのことを率直に述べているということです。

続きを読む "リトル・ミス・サンシャイン"

この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年05月02日

前髪のない神様 [コメンタリー]

旅先で広げた新聞に、うしろ髪のない神様についての話が載っていました。幸福の女神には、後ろ髪がない。幸運は先回りしてつかまないと、通り過ぎたあとで後ろからつかまえることはできない、というあれです。

続きを読む "前髪のない神様"

この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年04月02日

キリク [映画]

恐ろしい魔女によって呪われた西アフリカのある村に、キリクは産まれます。村人たちは呪いを恐れていましたが、キリクは最初から、恐怖に支配されるのとは違う生き方ができると感じていました。

続きを読む "キリク"

この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年03月02日

せいくんとねこ [ほん]

「おや、さかなが あるぞ。おいしそうだな。たべちゃおうっと。」「あっ ねこ、さかなを ねらっちゃ だめ。この さかな、ぼくが たべるんだから。」――せいくんという男の子の家の台所におかれた一匹の魚を食べるのは、ねこかせいくんか。この問題をめぐって、せいくんとねこのあいだに奇妙な対話が始まります。

続きを読む "せいくんとねこ"

この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年01月29日

郷倉 [リポート]

日本各地の農村に、「郷倉(ごうくら)」あるいは「お倉」と呼ばれる建物が残されています。郷倉は、その村で徴収された年貢米を一時的に蓄えておくための施設で、多くは江戸時代に、幕府の命令で設置されたのだそうです。

続きを読む "郷倉"

この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日

品格の時代 [コメンタリー]

電車のなかで、気の弱そうな若者がおじさんに絡まれていました。「きみ、ひとにぶつかったらちゃんと謝ろうな」。どうやら体があたったのが気に入らなかったようです。おじさんは、ひとくさり説教する気になったらしく、何やかやと文句をつけた挙句に、「品格の時代ですから、品格のある若者になってください」と言って電車を降りてゆきました。

続きを読む "品格の時代"

この記事のURL | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月17日

イブラヒムおじさんとコーランの花たち [映画]

1960年代、パリの裏通りで暮らす少年モモは、向かいの食料品店で万引きをする癖がありました。その食料品店を営むトルコ移民の老人イブラヒムは、そのことに気づいています。意外なことに彼は、「盗みを続けるならうちの店でやってくれ」とモモに言います。

続きを読む "イブラヒムおじさんとコーランの花たち"

この記事のURL | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年06月10日

須坂市動物園のハッチとクララ [リポート]

元気な動物園といえば、北海道の旭山動物園がつとに有名ですが、それよりはずっと小さな規模ながら、このところ市民のあいだで人気が急上昇しているのが、長野県の須坂市動物園です。

続きを読む "須坂市動物園のハッチとクララ"

この記事のURL | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年06月04日

約束の旅路 [映画]

ひとはどんな過酷な運命に遭遇しても、少数の善良な人びとの支えがあれば、充実した人生を生きることができる。・・・それがこの映画のメッセージです。

続きを読む "約束の旅路"

この記事のURL | コメント (1) | トラックバック (0)